【ソリューション】AVoIPソリューション – スポーツバー

By Kieron Seth & Seaco Wei, Lumens

July 28, 2022 12878

 

 

 

▶ アプリケーション

スポーツバーは、友人と会ったり、ビールを飲んだり、そしてもちろんゲームを楽しむ場所です。もともとはアメリカの現象でしたが、今ではマルチチャンネルスポーツを見たいという渇きがある場所で人気があります。
 

今日のスポーツバーは、素晴らしい料理、おいしい飲み物、快適なラウンジ、そしてもちろん素晴らしいAVなど、すべてを提供する必要があります。各要素が一緒になって、スポーツファンが戻ってくる雰囲気を作り出します。

 
 

▶ 課題

•メディアプレーヤー、PC、およびTVデコーダボックスを含む複数の入力ソース、

•多数のディスプレイ、プロジェクター、ビデオウォール

• すべての入力の一元管理

•低レイテンシで高品質のライブビデオ

• 長距離AV信号伝送とマルチルーム展開

•使いやすいインターフェース

• 将来の拡大の可能性

 

▶ ソリューションの特徴

• インストールが簡単

長距離ケーブル:
デコーダとエンコーダは、標準の1m-100mケーブルを使用してネットワークスイッチに接続されています。これは、ソースエンコーダからディスプレイデコーダまでの最大伝送距離が最大200mであることを意味します。これにより、標準のイーサネットケーブルを使用して、非常に低コストで長距離伝送を実現します。

 

•使いやすいGUI

•各フィードは、正確かつ直感的な操作の両方を作るWebブラウザでプレビューすることができます

•GUIは、ラップトップ、スマートフォン、タブレットなどの接続されたデバイス上で安全に実行できます

•ソースルーティングはリアルタイムで変更することができます:ソースとエンドポイントを切り替えるためにサムネイルをすばやくドラッグアンドドロップ

•ワンクリックでレイアウトを適用するモニターグループを作成する
 

•高品質の画像

高品質の4K伝送:
Lumens 4Kエンコーダ/デコーダペア(OIP-D50E / OIP-D50D)は、30Hzで4:4:4のUltraHDビデオと60Hzで4:2:0のUltraHDビデオを提供します。Lumensの圧縮技術は、標準の1ギガビットイーサネットネットワーク上で送信できる視覚的にロスレスな4Kを生成します。

超低レイテンシ: 
HDMIソースとデコーダ間の遅延を最小限に抑えて、4Kビデオを任意のディスプレイに動的に送信し、同時に複数のディスプレイに送信することができます。
 

• 低コストでアップグレードが簡単

柔軟なソリューション:
従来、AVネットワークにより多くのソースとディスプレイが追加されると、新しいマトリックススイッチャーが必要になる場合があります。Lumensシステムはモジュール式なので、動的に拡張できます。管理者は、新しいマトリックススイッチャーをインストールして構成することなく、入力(エンコーダ)と出力(デコーダ)を個別に追加できます。

コスト効率: 
AV over IPシステムLumensは完全にスケーラブルであるため、システム拡張は必要なエンコーダとデコーダを追加するだけです。これにより、初期投資、拡張コスト、設置時間、継続的なシステム管理の点で、OIPシステムは非常に手頃な価格になります。 

 

▶ システム展開

 

▶ 製品選択

  • AV over IP エンコーダ
    Lumens OIP-D50E
  • AV over IP デコーダ
    Lumens OIP-D50D
  • AV over IP コントローラ
    Lumens OIP-D50C
  • ネットワークスイッチ
    Netgear GS752TPv2
  • インタラクティブディスプレイ
    21.5 "タッチスクリーンディスプレイ
 

▶ Lumens OIPシリーズ

 
 
 

Lumens OIP-D50C

AV over IP コントローラ

 

 
 
 
 

Lumens OIP-D50E/D

AV over IP エンコーダ/デコーダ

 

 
 
 
 


ここをクリック トップへ戻る ↑



 
戻る