【ケーススタディ】台湾台北交通管制センター - AV over IPおよび監視システム

By Kieron Seth & Seaco Wei, Lumens

July 15, 2022 11559

 

 

 

▶ バックグラウンド

道路交通管制センターは、交通の円滑な運営に不可欠です。効率的なサービスを提供するために、管理者はますます多くの監視カメラ、PTZカメラ、ライブデータフィードを処理するという問題に直面しています。非常に多くのソースを視覚化するには、高品質で最小限のレイテンシでビデオを表示できる柔軟なAVシステムが必要です。

 

AVはまた、コントロールセンターの職員が空港の境界を越えて緊急事態を評価し、交通渋滞や事件に対処するための迅速かつ情報に基づいた決定を下すことができるように、テレビのニュース速報を含む外部機関からの交通報告を監視できる必要があります。

 
 

▶ お客様の要件

• PC、サーバー、ノートブック、テレビデコーダボックス、カメラを含む60の入力ソース

• 50 台のディスプレイ、プロジェクター、ビデオウォール

• すべての入力の一元管理

•低レイテンシの高解像度/低圧縮ライブビデオ

• 長距離、空港間伝送

• 弾力性のある24時間365日稼働 将来の拡張の可能性

 

▶ 業績

交通管制センターは、映像伝送のバックボーンとして、Lumens OIP-D50シリーズAV over IPシステムを採用しました。これにより、4KおよびHD信号の長距離伝送が実現し、複数の部屋にわたるビデオ監視がサポートされます。OIPシリーズは、オペレーション・センターのコントロール・センターの2x2および12x2ビデオ・ウォールおよびマルチビュー・ディスプレイへの出力、および部門のサーバーのKVM制御をサポートします。OIP-D50C ユニットを使用すると、管理者は信号ルーティングと各ビデオウォールのレイアウトをリアルタイムで制御できます。また、単一のソースを複数のディスプレイにまたがってスケーリングする機能もあります。

 

コントロールセンターは主に地元の交通管理のために設計されていますが、施設は訓練、インシデントレビュー、緊急オペレーションセンターとしても使用されています。AV over IPシステムは、必要に応じてさまざまな制御、会議、トレーニングルームに信号をインテリジェントにルーティングすることにより、これらすべてのニーズを満たす柔軟性を備えています。

 

さらに、トラフィックチームのニーズが変化し、カメラの数がさらに増加するにつれて、大規模なオーバーホールを実行したり、多額の費用をかけてマトリックススイッチをアップグレードしたりすることなく、より多くのOIPエンコーダとデコーダを既存のネットワークに追加するだけで済みます。

*このケーススタディの写真は機密です。この画像は参考用です。

 

▶ お客様からのフィードバック

 

コントロールセンターに統合されたLumens AV over IPソリューションは、お客様のニーズを超えています。実際、このシステムはすでに元の概要の範囲を超えて拡張されており、追加のOIP-D50EエンコーダとOIP-D50Dデコーダが設置されています。これにより、チームはネットワーク上のコンピュータ入力、カメラ、ディスプレイの数の増加を管理および監視できるようになりました。その結果、AVoIPにより、交通管理チームはさらに応答性の高いサービスを提供でき、乗客、サービスサプライヤー、現場担当者のエクスペリエンスが向上します。

 

▶ システム展開

 

▶ 主要製品

 

OIP-D50E/D

AV over IP エンコーダ/デコーダ

•4KビデオHDMI入力のサポート

• 非常に低レイテンシのAV over IPおよびKVMソリューション。

• USBおよびシリアル制御をIP経由で送信

•縦向きと横向きの4Kビデオをサポート

•内蔵のスケーリングとフレームレート変換

詳細情報
 

OIP-D50C

AV over IP コントローラ

• マトリックスの切り替え、ビデオウォールの展開、KVM* 接続を制御

•管理のための直感的なWeb-GUI

• 簡単なインストールのためのPoEをサポート

• 5 年間の保証

詳細情報
 

OIP-AC01

AV over IP アクセサリ

• 最大 15 台の OIP デバイス用のエンクロージャ

• 6Uラックマウントシャーシ

• アクティブ冷却システム

• ケーブル管理フレーム

詳細情報
 
 


ここをクリック トップへ戻る ↑


 
戻る