ビデオ会議に Dante を使用する

By Kieron Seth, Lumens

March 26, 2024 1290

 
 

AV業界の多くはDante Audioで運営されています。ネットワーク間でロスレスオーディオをルーティングする手段として、そのシンプルさと信頼性において他の追随を許しません。その計り知れないスケーラビリティ、固有のセキュリティ、および非Danteネイティブ製品をDanteエコシステムに橋渡しする能力は、インテグレーターとユーザーの両方にとって夢になります。

その結果、Dante Audioは、ライブイベント、インストール済みAV、およびユニファイドコミュニケーションシステム向けの主要なIPネットワークテクノロジーです。Dante ControllerやDante Domain Managerなどのコアコンポーネントにより、お客様はあらゆる規模のオーディオネットワークを管理できます。これらには、Dante ViaやDante Virtual Soundcardなどの重要なアプリに加えて、コンピューターやアナログマイクなどの非ネイティブデバイスがオーディオネットワークに参加できるようにするサードパーティのハードウェアアダプターが加わっています。

 

今日の会議室は、柔軟性を重視して作られています。これにより、ゲストは自分のラップトップを使用して通話を実行し、他の出席者はプレゼンテーション中に画面を共有できます。このコラボレーションアプローチには、AVやITチームからの介入を必要としない、真にプラグアンドプレイの室内テクノロジーが必要です。

組織がDanteマイク、スピーカー、DSPを採用している場合、ビデオ会議通話にDanteオーディオを簡単に追加できます。Ethernet-USBアダプターを使用してラップトップに接続するだけで、すぐに双方向の電話会議を行うことができます。

 

このビデオ会議のセットアップを完了するには、ラップトップの内蔵 Web カメラを使用する、USB カメラを接続する、ラップトップに表示される IP カメラを選択するという 3 つのカメラを選択できます。これらの各オプションには欠点があります。

  • ラップトップの Web カメラ: 内蔵カメラの品質はさまざまで、通常は 1 人または 2 人の人物を近距離でキャプチャするように設計されています。
  • USBカメラは、より高品質で視野角を改善し、自動フレーミングなどの高度な機能も提供できます。ただし、USB 3ケーブルの長さ(通常は3メートル未満)によって制限され、ラップトップには2つの使用可能なUSBポート(1つはDanteオーディオ用、もう1つはUSBカメラ用)が必要です。
  • IPカメラ、ケーブル長の問題を克服し、設置者に特定のスペースに最適なカメラを設置する機会を与えます。ただし、仮想カメラを使用するには、理想的なプラグ アンド プレイ ソリューションとは言えないレベルのユーザー設定が必要です。
 

Lumensの新しいコンバーターであるOIP-N60D Dante AV-Hは、DanteオーディオとDanteビデオを1つのUSB出力にまとめます。会議の主催者はコンバーターに接続するだけで、すぐに会議を開始できます。

 

コンバーターは、Danteエコシステム内で制御および管理されるDanteデバイスです。これにより、AVチームは、室内カメラと室内オーディオをコンバーターにルーティングし、オーディオとビデオを単一のUVC準拠のUSBストリームに結合することを容易にします。これは、TeamsやZoomを含むすべての主要な会議プラットフォームと互換性があり、Barck ClickShareに準拠しています。インストーラーは、Audinateのアプリを使用して、コンバーターを部屋のDanteオーディオデバイス(マイク、スピーカーなど)とDante対応のPTZカメラ(Lumens VC-TR60 Danteなど)に接続すると、デバイスを使用する準備が整います。ラップトップは1本のUSBケーブルで接続できるため、会議は最高品質のオーディオとビデオの恩恵を受けることができます。

 

OIP-N60D Danteユニットには、別のトリックがあります。音声を基準信号として室内マイクに戻す機能があります。これにはどのような利点がありますか?DSP がないハドル スペースでは、通話中にマイクのエコーが問題になることがあります。Yamaha RM-TTなどの特定のモデルでは、サウンドをDanteマイクに戻すことで、内部でエコーキャンセレーションを実行できます。これにより、追加のハードウェアに投資することなく、オーディオ体験が向上します。

 


ここをクリック トップへ戻る↑


 
戻る